JUMPER

日常時に着る物と作業着のジャンパー

ジャンパーは薄い種類の物もありますが、厚めにできているタイプも存在するので季節に応じた着こなしができます。薄いジャンパーは春から秋にかけて活躍する衣服です。春はまだ寒い時期ですが、その下にセーターを着れば問題なく過ごせます。夏に入れば日差しが強くなり気温が上昇しますが、白い薄いジャンバーを着れば日光を素通りしてくれるので、日差し避けに便利です。秋は残暑が厳しい時は夏用を着て、寒くなって来たら冬用の物を着用するといいです。季節に合わせた着こなしができるので、夏と冬用の物があれば便利です。
仕事に着ていく場合は、ホームセンターで売られているジャンパーを買って作業着にすると楽です。工場内で勤務をする場合は汚れてもいいように、薄めのジャンパーを用意しておきましょう。外で土木作業や造園で働く場合は、土や埃で汚れる場合があるので、同じジャンパーを複数用意しておくと便利です。泥や土ががついて汚れた場合は、クリーニング屋にお願いすれば汚れを落としてもらうことができます。あと、季節が冬に入った時は厚いジャンパーを買うといいです。作業着に使えるタイプの物はそれほど高くないので、安く買い揃えることが可能です。

子供のジャンパーについて

子供用のジャンパーには首元部分の方のチャックが首や頬の肌に触れないよう少し大きめのガード生地が付いてるように思えます。とても嬉しい気遣いですよね。チャックの開け閉めがしやすいよう大きめのチャックが付いていたり、フードもコンパクトにたたんでしまえる工夫などがされています。他の子供がフードを掴んで窒息するのをふせぐ為にはとてもいいアイディアですよね。そしてなんといっても軽い!荷物の多いお母さんでも持ち運びに便利でとても良いと思います。
ジャンパーの中には裏生地が起毛になっている物や、メッシュ素材の物があるので肌寒い日や夏の夜の時なんかにも使えて私もとても重宝しました。他にも色んなデザインがあったり、フード付きやそうでない物もありますし、お値段も安い物から高い物までありますよね。
私も安いジャンパー?それなりのお値段の物も持ってましたがやはり全然生地の質感は違いました。安い物はそれなりにすぐ毛玉ができたり擦れてしまったりしてましたが少々お高めのお値段の物はずっと長く、そして生地も痛む事なく使用できてたかと思います。ですが安い物はお外遊び用で、少々お高めの物はお出かけ用、などと使い分けて着せてもいいかもしれませんね。

若い子に人気のジャンパーって何?

最近、街などで若い女の子や男の子がジャンパーという服を着ているのをよく見かけます。上着は上着なので、それならジャンバーでいいんじゃない?と思ったのですがどうやらジャンバーとジャンパーは全くの別物みたいなんです。今回は、若い子に大人気のジャンパーについて調べてみました。まず、ジャンパーとは丈が短い上着の事です。元々、ジャンパーの原型となったのがハリントンジャケットと呼ばれている上着です。
ジャンパーで多く見かけるデザインとしては、ボタン留めやファスナー方式です。袖口にはボタン・ゴムが編みこまれている事もあります。ジャンパーの材料でよく使われているのが革です。私も革のジャンパーは持っているのですが、他にもウールやコットンなどもあるようです。一般的に、薄い繊維の生地しか使われる事がないようです。作業着や仕事着として使われる事が多かったジャンパーだったようなのですが、最近はオシャレとして若い子から絶大な人気を誇っているそうです。
ジャンパーの代表といってもおかしくないのがスカジャンです。昔はスカジャンというと少し強面な人が着ているというイメージが強かったのですが最近はピンクのスカジャンや花柄のオシャレなスカジャンもあるので女子高生などにも親しまれているそうです。ジャンパーにも沢山の種類があって、どれもとてもオシャレなので自分好みのジャンパーを見つけてオシャレに着こなしてみるのも良いと思います。


作業用にも使えるジャンパーはこちらで購入できます。
丈夫な素材でつくられたジャンパーなので、作業用としても大活躍。長持ちするのも良い点です。仕事が大変な方は、こういったものを一着もっておくと便利ですよ。